軍資金は打つレートの10倍以上は持つべき

[記事公開日]2015/04/13[メンタル戦術]
[最終更新日]2017/03/08

麻雀の打つ際の軍資金って考えた事ありますか?
無料ネット麻雀をやる人には全く関係ないですが、フリー雀荘やネット賭け麻雀などではかなり気にする必要があります。
つまり、麻雀の腕だけでなく軍資金の管理も大切だと言う事です。

ではどのくらいの軍資金を持って勝負すれば良いのでしょうか?

軍資金とレート

麻雀を打つ際に軍資金なんて考えた事ない…。
むしろこうのような人の方が多いと思います。
『楽しむ』というのが最大の目的であれば、それで良いと思います。

しかし稼ぐ又は稼ぎたいという目的があるのであれば一度は考えた方が良いかもしれません。

プロのギャンブラーは確実にこの資金管理を行っています。




少ない軍資金、一回で溶けてしまうような賭け事は確かにアドレナリンが出まくるので面白いです…。
しかしトータル収支をプラスにしたいならこんな無謀な事は絶対にやめなくてはいけません。

軍資金に応じたレート以外で麻雀を打った事はありますか?
経験があるから言えるのですが、確実に普段の打牌と変わってしまいます。
具体的に例を上げるとするならば、

普段ノータイムで切れた牌が切れなくなります

嘘だと思われた方、やってみれば分りますよ!




三人麻雀の軍資金

麻雀軍資金

三人麻雀の軍資金は四人麻雀よりも多くもっていなければなりません。
なぜなら、三人麻雀は四人麻雀よりも理不尽なゲームだからです。
>>三人麻雀は四人麻雀よりも理不尽なゲーム

経験則からなんですが、まず打ちたいレートの箱ラス分の10倍以上持っていれば大丈夫だと思います。
もちろんこれでも少ないと思う方も多いかもしれません。


もちろん軍資金が増えた場合はレートを上げるも良いと思います。
逆に負け続けて軍資金が乏しくなってきた場合は、レートを下げるなどの戦略も必要です。


麻雀は腕の差が顕著にでてしまうゲームなので個人差はありますが、
麻雀のゲーム中に軍資金の心配をするような事はなく、麻雀に集中出来る環境を作ってから勝負してほしいということです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ